機密書類処理フロー

機密度Cの機密書類処理フロー


機密度Cの 機密書類処理フロー







  • 回収・処理システムの概略や料金などをご説明いたします。
  • ご依頼いただけましたら、ご住所・御社名・ご担当者名などを伺います。
  • 大まかな打ち合わせとして、機密書類のおおよその量、ご希望の回収日・回収時間、回収に伺った場合の積み込み環境などを具体的にお聞きし、回収日時を決定いたします。






  • 機密度Cの処理の場合、回収に伺う車両は、オープン荷台のトラックかパッカー車です。
  • 機密書類の量によって、1トンから15トン車までご用意いたします。
  • 機密書類積み込みの立地や諸条件を勘案し、車両の大きさ、車両の台数を決定いたしますので、遠慮なくお申し付けください。






  • 回収された機密書類は弊社に持ち帰られます。
  • 持ち帰られた機密書類の重量を計測し、弊社の受け入れ証明書を作成いたします。
  • 機密書類は、その紙種ごとに選別され、紙種の確定したよりグレードの高い製紙原料となります。
  • 機密度Aの処理では機密書類は選別されず、梱包ダンボールごと溶解されますので、中に何が入っているかの確認をいたしません。そのため製紙原料としてのグレードは低いものとされ、製紙メーカーには逆に弊社から溶解手数料を支払う形での処理となりますが、機密度Cの処理では、選別して原料としてのグレードを高めますので、販売益を得ることができ、運搬や選別コストなどを加味しても処理料金を安く設定できます。






  • 選別された機密書類は機密扱いで製紙メーカーに送られます。
  • 製紙メーカーに到着すると、溶解パルパーに投入され、即座に溶かされます。






  • 製紙メーカーでの溶解処理が完了しだい、弊社のリサイクル処理証明書を作成いたします。
  • リサイクル処理証明書をお届けして、処理完了のご報告をいたします。
  • ご希望がございましたら、製紙メーカーに溶解証明書の発行を依頼できますが、機密度Cの処理の場合は有料(1通1000円)となります。(事後の証明書発行は出来ませんので、弊社が機密書類を回収に伺うまでにお申し出ください)
    (製紙メーカーが溶解証明書を発行して弊社に届くまで、約2週間〜1ヶ月程度の日にちがかかります。)


このウィンドウを閉じます
検索から直接このページへいらっしゃった方へ。
このページは、有限会社ヤスモトの Website の、ポップアップページです。
このウィンドウでトップページにいくには、こちらをクリックしてください。