ご家庭でのリサイクルについて

回収から納入まで
古紙が製紙メーカーに納入されるまで

様々な工程を経て製紙原料となります。

古紙を回収 回収された古紙は、一旦、原料として製紙メーカーに納入できる形 製紙メーカーに納入できる形 に加工するための処理ヤードに運ばれます。
古紙を種類別にストック 処理ヤードに運び込まれた古紙は、バラされ種類別にストックされます。
古紙を種類別にストック 次に、ストックされた古紙を、ショベルローダーで選別ラインに投入します。
古紙を種類別にストック 回収時に、ある程度区分された古紙ですが、ここで再び、禁忌品(異物)禁忌品 の有無、他品種の混入など、品質の確認が行われます。
古紙の選別は、自動化が非常に難しく、機械化の進んだ現在でもまだ、人の目と、人の手によって行われています。
古紙を種類別にストック 精密な選別作業を経た古紙は、ひとつ 800キログラムから1トンの固まりになるよう、プレス加工されます。

( プレス投入口ベルトコンベア )
古紙を種類別にストック ( プレス出口 )
段ボール古紙のストック プレスされた古紙は、品種ごとに一旦ストックされます。
一口に古紙と言っても、その品種は数十種 品種は数十種 に上ります。

( 段ボール古紙のストック )
新聞古紙のストック ( 新聞古紙のストック )
オフィス古紙のストック ( オフィス古紙のストック )
古紙を種類別にストック 製紙メーカーの需要に応じて、出荷されます。
大阪で処理された古紙は、北は北海道から、南は四国・九州まで出荷され、また、海外への輸出 海外への輸出 も盛んに行われています。
このウィンドウを閉じます
検索から直接このページへいらっしゃった方へ。
このページは、有限会社ヤスモトの Website の、ポップアップページです。
このウィンドウでトップページにいくには、こちらをクリックしてください。